カフェレストラン「オレゴン・トレイル」



自給自足を目指すオーナーの次の計画は、ログハウスのセルフビルド
広島県比婆郡東城町 佐藤尊信さん


楽しいことをやって みんなの喜ぶ顔を見たい

ダミー画像

 中国自動車道・東城インターを降りて北上すること約10分。山 裾を延びる国道314号線沿いに、ポスト&ビーム工法によって建 てられたカフェレストランが姿を現す。ここが1999年に完成した 「オレゴン・トレイル」だ。
  オーナーの佐藤尊信さん(66歳)は中学卒業と同時に渡米、同 地で大学卒業まで過ごし帰国した。「日本に帰ってきて一般企業にも勤めましたが、なかなか馴染め なくてね。何度か転職を繰り返し、結婚を機に生まれ故郷で農 業をしようと思って帰ってきたんです」と話し始めた佐藤さん。 たまたま間伐材の伐採をを見て「何かに利用できないかなぁ」と 思ったのが、ログハウスに興味を持った最初だったという。
  「目の前の国道は宍道湖に抜ける観光道路でもあるんですが、 喫茶店らしきものがなかったので、だったら食事もできる喫茶店 を開いたら商売になるだろうと考えたんです。たまたまポスト&ビ ームの建物を見かけ、私の考えていた店の雰囲気に近かったの で、それを建てたメーカーを聞いて頼むことにしたんです」 そのメーカーが、ウエスタンログホームカンパニー。
  「自然に囲まれているので、その景色が眺められるように、開口 部を広くして、かつ明るい室内の建物を希望しました。ほぼ想像 どおりのものができ上がりましたね。特にデッキに半円形に張り 出した窓は最高ですね。そのデッキにある東屋は、福山で勤め ていたときに知り合った建築家と二人で造ったもの。その建築 家と、今度はセルフビルドしようかって計画を立ててるんですよ (笑)。私も楽しんで、みんなも楽しんでくれれば幸せです」
  店の名前はアメリカの友人が付けてくれた。「オレゴン」は佐藤 さんが過ごした州の名前、「トレイル」は小径という意味だが、開 拓者が辿った道も意味し、ジョン・ウェイン主演の『オレゴン・トレ イル』という映画も作られたことがある。
  日本に帰ってきてさまざまな仕事を経験し、やがて田舎で自給自 足の生活を目指そうとした佐藤さんに、まさにぴったりの名前で はないか。

 
左:初めはアメリカンフーズ中心のメニューを考えていたが、食文化の違いから断念。写真は店自 慢の手づくりピザ(500円)。和風の味付けになっている。
右:間仕切りのない空間は、それだけで居心地の よさを感じさせる。上手に処理された張り出し窓の木組みも、意 匠的な効果を高めている。店を切り盛りするのは奥様。佐藤さん 自身はお昼の時間帯と週末のみ店を手伝う。それ以外は農業と 夜は自宅で英語教室を開いている。「接客が得意じゃないので、 店は妻に任せています」と笑う。



ログハウスDATA

●延べ床面積:109.15 1階68.15  2階41
●デッキ(バルコニー含む):57
●主構造材の種類:ダグラスファー 
●構法の種類:在来軸組み構法(ポスト&ビーム)
●基礎の種類:布基礎 ●屋根材:カラーベスト ●外壁材:パイン、漆喰 
●内壁材:パイン、漆喰 ●天井材:パイン ●床材:パイン 
●総工費:非公開 
●工事着工年月:1999年
●完成年月:1999年
●設計企業:ウエスタンログホームカンパニー
●施工企業:ウエスタンログホームカンパニー
●建物使用目的:店舗




このページの先頭へ