ログ材の種類




◆国産:杉

日本を代表する針葉樹。木肌は非常にきめ細かく、木目が通っている。 独特の芳香を持ち、辺材は黄白色で光沢があり、芯材は淡赤色か黄色。 軽く、軟らかいので加工性に優れ、湿気に強く腐りにくいのが特徴。 ただし木のテーパーが強い上に太い材が少ないのが、ログ材にする上での難点。

◆国産:ヒノキ

 美しい光沢と優れた芳香を持ち、古来から神社・仏閣などの建築に利用されて きた針葉樹。優れたログ材でもあるが、非常に高価。辺材と芯材の区別がつき にくく、全体に黄白色。樹皮は赤褐色で屋根葺きにも使われる。耐久性、耐水性 ともに優れ、曲がりやねじれが出にくいので多方面に活用される。

◆ダグラスファー(アメリカ産マツ)

 ハンドカット・ログハウスに使われる材としては最もポピュラー。太い材をそろ えやすく、値段、量とも手頃。木目が真直ぐで樹脂が多く、あらゆる製材品に幅 広く利用されている。“ダグラス”の名称は、発見者のデビッド・ダグラスにち なんで命名された。“ファー”とはモミのことだが、正式にはモミではない。

◆ウエスタン レッドシーダー (アメリカ産スギ)

 日本の杉のように芳香のあるのが特徴。樹脂は少ない。辺材は白く、芯材が赤い ので、見分ける際の判断の一つにされている。軽軟で加工しやすいため、日本で もアメリカでも建築用材として広く用いられている。樹皮は繊維質が網状に組み 合わさっている。屋根材、シーダーシェイクは、この木を柾目で割ったもの。 腐朽に対して強い耐久性を持つため主にハンドカット・ログハウスに用いられるが、 ダグラスファーよりも高価。

◆ イエローシーダー (アメリカ産ヒバ)

 アラスカからオレゴンにかけての大平洋岸に多く分布する。辺材は黄白色で、芯材 は黄色く時間の経過とともに色を濃くする。雨に晒されるログ材の中でも水に強く 耐久性も高く粘りがある上、加工性や材の安定性に優れる。建材や内装材、船舶材、 木型、楽器材として用いられる。ちなみに米ヒバと呼んでいるが、実際はヒノキの 類である。

◆スプルース (アメリカ産トウヒ)

 マツ科の常緑針葉樹。アラスカからカリフォルニア北部に分布し、辺材、芯材の 区別がつきにくく、全体に白色から淡い黄褐色なのが特徴。手触りが軟らかく木目 が通っていて、軽量でクセがなく加工も容易だが、雨などへの耐久性が弱いともい われるが、軽量な割に丈夫なことから航空機やピアノの共鳴板、家具材としても用 いられる。

◆パイン

 外国産のマツのうち、北洋材のスカンジナビアンパイン(欧州アカマツ)や北米産 のロッジポールパインなどの総称。辺材は黄白色で芯材は淡赤褐色ないし赤色が特色。 マシンカット・ログハウスのほとんどがこのパインを使用している。木目が真直ぐな 上、軽く適度な強度と硬さがあるが、腐朽しやすい環境では防腐処理が必要となる。 建築用材、土木用材、家具用部材、木工品と広く用いられる。ちなみにロッジポール パインの“ロッジポール”とは、ネイティブアメリカンがティピーの支柱としてこの 木を使っていたことに由来する。


ログ材のタイプ


ハンドカット丸ログ


マシンカットログ


Dログ


P&B使用の丸ログ



このページの先頭へ