マシンカットログハウス



マシンカット・ログハウスとは、その名のとおり機械による製材加工をほどこした ログ材を使ったもので、1960年代に北欧で誕生した、比較的新しいログハウス だ。現在ではコンピュータ管理された製材機により加工の精度も向上、大量に生産 できることでコストダウンが見込まれ、ハンドカットのログ材より約1~2割ほど 安いといわれている。

 主に海外からログ材を輸入しているが、スギやヒノキなど国 産材を使ったものもある。形状は全面フラットな角ログ、外側は丸みを残し内側を 平らに仕上げたD形ログ、丸太の上下をカットしたタイコ形ログなどさまざま。さ すがにハンドカットのような圧倒感はないものの、木の魅力がそこなわれることは なく、どの形状のログ材も製材が均一に仕上がる。市街地で住宅としてログハウス 建築を考えている人のほとんどが、都市の景観に浮くことなく溶けこめる外観にな るということで、マシンカットを選択しているとか。また、製材の後にログ材を強 制乾燥することで収縮を防ぎ、メンテナンスへの負担が軽減している点も見逃せな い。最近では、木材で最も傷つきにくく変形しにくい中心部分を、外側に向けて貼 り合わせたラミネートログが登場し、より扱いやすくなってきている。

おすすめのマシンカットログハウス取り扱いメーカー


とっとの森



TALOインターナショナル

アトリエエムズ

キハタトレーディング

ビックボックス

親和木材


アペント



BESS(べス)

八潮

サエラホーム

シフト
ログのカラーバリエーション
近年のログハウスはカラーバリエーションも豊富。
立地場所や景観に合わせてカラーをイメージしてみましょう。



▲上のボタンをクリック■■

このページの先頭へ