建設に関する規制確認

ログハウスに定められた規制

住宅建設に関する規制

 

●防火に関する墹鯛
 国土交通省が土地用途ごとに定めたもので、「防火地域」に指 定されている土地にはログハウスは建てられないj凖防火地域 」では.耐火認定を受けたログを使ったログハウスなら建築 可能とな⊃ている.また、防火地域指定は別に建築基準法22 条が該当する土地では、屋根や外壁に不燃材を使用しなくては

●建物の高さと日照に関する規制
 隣家の日照をさまたげないようそれぞれの用途地域ごとに 建物の高さが決められている、さらに家に面した道路や土地 の北側を基準に、屋根の勾配の角度を定めた「道雇斜線」「北側

●住宅と道路についての規制

ダミー画像

基本的に幅4mの道路に接して しないと住宅の建築は認められ ない。奥まった土地では、幅2m以上 の私道が道路に接している必 要かある。この規制が定められる 以前からある。この規制の道路 に面した土地では、特例として住 宅建設か認められているか、道路 の中心から2mの距面が境界線と なり、その部分は敷地内であっで も道路として考えることとなっ

建物の大きさを決める建ぺい率

積率とは、建物各階の床面積を足した延べ床面積を定め たもの。たとえば100㎡の敷地があった場合、宮積率が200% と定められているときは、延べ床面積の合計が200㎡の冢を建 てることができる。しかし、建ぺい率が70%と決められてい るときには、1階部分の建築面積を70㎡として、全体の延べ氏面積は140㎡までの家しか建築することができない。

間取りに影響する容積率

積率とは、建物各階の床面積を足した延べ床面積を定め たもの。たとえば100㎡の敷地があった場合、宮積率が200% と定められているときは、延べ床面積の合計が200㎡の冢を建 てることができる。しかし、建ぺい率が70 %と決められてい るときには、1階部分の建築面積を70㎡として、全体の延べ 氏面積は140㎡までの家しか建築することができない、

建築可能なログハウスの種類




このページの先頭へ