住宅でありながら別荘の雰囲気




ダミー画像

高原リゾートに位置する、田舎暮らし定住型分譲地「星の里いせき」に足を運ぶと、ウエスタンログホームカンパニーが手がけたモデルハウスを見ることができる。  このログハウスは、プランがとてもユニーク。1 階は、キッチンを中心に据え、リビング、ダイニング、寝室、お風呂が、十字型に取り囲んでいる。 キッチンの上には、2階ロフトがあり、その上の天窓から、十字に広がる1階の各部屋に採光している。建物全体を包み込む自然のトップライトは淡く優しい。  木材は、ご当地の檜。気候風土に合った地元の山で育った木がいいだろうとの考えから。一本一本、大工さんが山に入って選んだ。自然の素材は形が個性的。二股のもの、曲がったもの、うまく活かす場所を考えて伐採している。加工は最小限に抑えているので、柱も梁も、自然に近い木の魅力を存分に楽しむことができる。  そして、外壁有内壁も、すべて漆喰。つまり、自然から生まれた素材だけを使ったポスト&ビームだ。  自然豊かな分譲地に建つこのログハウス。住宅でありながら、別荘のような雰囲気を併せ持つ夢のある空間を目指してい る。玄関に入ってすぐ吹き抜け、そして、降り注ぐトップライトに、皆、思わず… 「わ!!」 と、歓声を上げるのだという。

(上)ウッドデッキ。小鳥のさえずりをききながらの朝食が楽しい。
(中)どっしりとした梁や柱は地元産のヒノ牛を活用。


(上) ゆったりとしたキッチンを中央に設け、180度以上見渡せる緑あふれるロケーションをとりこんだ開放的な間取り。
(左) 訪れた方のほほえみを誘うような明るいエントランス。

取材協力:ウエスタンログホームカンパニー TEL.084-972-3331




このページの先頭へ