やる気があればログハウスは造れる



根気とやる気があれば ログハウス造りは大丈夫です

ダミー画像

  長野県蓼科の美しい自然に抱かれた場所に、出来たばかりのログ八ウスが建っている。オーナーの武安さんは定年退職を期に、諏訪湖にほど近い旧宅から、この見晴らし抜群の地に移ってきた。   「山登りが大好きだったので、ログ八ウスを建てるなら山の近くの景色の良い場所にしたいと思っていました。また自給自足のように野菜を作りたかったので、林の中にあるような狭い場所は選択肢にはありませんでした。あちこち探しましたが息子がいいところがあるよ、と教えてくれたこの土地がと ても良かったんです。 一日で気に入ってしまいました」   武安さんがおっしやるとおり、ログ八ウスの周りには遮るものが何もなく 蓼科山や八ヶ岳などの壮大なマウンテンピューを楽しむことが出来る。まさ にログ八ウスを建てるにはもってこいの場所と言えるだろう。   恵まれた立地条件があるために、このあたりには他にもログ八ウスが数多く点在しているようだ。武安さんはそれらのログ八ウスを実際に見て回り、理想のイメージを膨らませていつたそうだ。





「あちこちのログ八ウスを見学しに行きました。平行してメーカー探しもインターネツトで行い、比較検討したときに見つけたのがサエラホームさん でした。ログ八ウスは普通の建て売りなどと比べてやはり高いものですよね。その中でサエラホームさんは価格の面で、十分納得出来るものがありました。またサエラホームさんのある広島まで出向いたとき、担当してくれたスタッフにも良い印象を持ったんです」  こうしてスタートした武安さんの口グハウス造り。基礎などはプロに任せたが、それ以外はすべて自分で行った。昔から日曜大工が好きだったので、楽しく建てることが出来たという。

 「やる気と根気があればは誰でも出来ると思いますよ。私の場合定年退職していたので、時間は十分にありました。もちろん素人なので、部分的に作り方が分からないときにはサエラホームさんに聞きながら進めて行きました。とても丁寧に教えていただき本当に助かりました。またインターネットを使って探してみると同じようにセルフビルドをしている人たちが、その作り方などを詳しく書いているので、それも多いに参考になりました。作ったものが自分の力で段々と出来上がっていくのは、やっばり楽しいものですよ」とおっしゃった。

こだわりのセフルビルド デッキで飲むビールは最高

ダミー画像

ログ八ウスの中に入ると、すぐに目の前に爽快な景色が広がっている。リ ピングの大きな窓から遠方の山々を望むことができるので、その風景に思わず声も出るほどだ。  「ログ八ウスを建てる向きには気をつけました。この素晴らしい風景を手に入れたかったので、こだわったつもりです。デッキからの眺めもとても気に入っています。ここで飲むビールは格別ですね。また趣味で天体観測をやっているのですが、以前は観測のためにどこかへ移動しなくてはなりませんでした。でも今はデツキの上で星空を眺めることができるんです。本当に最高ですよ」

リビングには普通のストープとはちょっと違う、変わった形のストープがある。話を向けると、
「これはカラマツ専用のストープなんです。薪にカラマツを使うと含まれている樹脂が燃えるので、炉内は非常に高温になります。通常の鋳物製ストープでは高温になりすぎて使えないんですが、この専用ストープは1000度以上にも耐えられるんですよ。今年の冬は使えなかったので、早く使いたいですね」



 ログ八ウスには武安さん自作の家具なども多い。キッチンのカウンターやキッチン上のライトを吊るす部分、二階に上がる梯子など、どれも細部まで丁寧に作られている印象がある。二階の部屋と部屋を結ぶ渡り廊下なども良く仕上がっているが、わずか4日間ほどで作り終えたそうだ。  「二階には部屋が二つありますが、それぞれに梯子をつけなければ上がれなかったんです。ですが、それたとリピングに二つの梯子が必要になるので、邪魔でした。それをカバーするために二階同士をつなぐ″渡り廊下″を作りました。孫が遊びに来たときに楽しく遊んでくれるといいですね。今は工具がとても良くなっているので素人でもきっちりと寸法を計れば、いろいろ作れますよ」   ログ八ウスの中は快適で、夜もぐっすりと眠れるそうだ。また木の保温効果で部屋の中はそれほど寒く感じず、外気温が零下でも中はそれを下回ることはないという。ログハウスに対する愛情がしっかりと伝わってくる武安さんとの会話は、時間が経つのを忘れてしまうような楽しい時間だった。





このページの先頭へ