ソーラー発電ログでエコ生活



広々としたウッドデッキでぽかぽかの陽射しになごむ週末

 清らかな小川が流れる自然林の間から、野生のリスやシカが時折姿をのぞかせる八ヶ岳南麓、標高700mの地。雑木林のなかの小 道を車で進むと、陽だまりの芝生に囲まれて太陽光パネルの屋根が見えた。2006年4月に完成したばかりのログハウスだが、その たたずまいは周囲の自然にすっかり溶け込んでいる。この家を建てたオーナーは、東京都多摩市在住の三田村栄一さん・正子さんご 夫妻。若い頃から山の暮らしに憧れていたという栄一さんはこう語る。
  「学生時代から登山をやっていたので、“いつか山で暮らせたら……”という思いをずっと持ち続けていました。この土地を購入した のは20年前、40代のころ。当時から山に家を建てるならログハウスがいい、と思っていました」 当時の土地は、まったくの原野だったが、しだいにぽつん、ぽつんと別荘が建ち始め、電気や水道も通るようになった。20年前から 温め続けた夢を、本気で実現しようと思い立ったのはちょうどそのころ、自宅がある近所にオープンしたのが、ログハウスの施工会社 「アペント」。

ダミー画像

当初は“ひやかし”で立ち寄ったというが、代 表取締役の佐々木さんの熱意と人柄に安心し、 フィンランドの輸入ログハウスづくりを依頼する ことになった。 「佐々木さん自身が元大工さん だったので、ふつうのセールスマンとはまったく 違う印象を受けたんです。土地のことなどいろ いろ熱心に調べてくれましたし、もちろん家づく りのことをよくわかっている。そんな安心感があ りました。ほかの業者に依頼して自宅をリフォー ムした際には不満が残りましたが、佐々木さんは 私たちが本当に満足できる家をつくってくれまし た」。オール電化とし、屋根には太陽光パネルを 設置。また水道も引ける土地ながらあえて井戸 を掘り、電気代や水道代を節約できるエコロジー 住宅とした。さらに憧れていたダッチウエスト社 の薪ストーブを設置してくれたのも、うれしい“ おまけ”だった。
 「清里で太陽光発電の普及活動をしている人を 知り、通常より安く太陽光パネルを設置できたの が幸いでした。ここを訪れるのは月に2~3回な ので、電気代はほとんどかかりません。電力会社 に電気を売っているので、電気を使わなかった月 は2000~4000円程度が収入になるのでうれ しいですね」。外に積まれている丸太は、家を建 てる際に伐採した木。ストーブに使うため、栄一 さんが薪割りに挑む予定だ。室内は窓から陽射し がふんだんに入り、どの部屋にいても昼間はまっ たく照明が必要ないほど明るい。
 木の香りが心地いいリビングから、広々としたウッドデッキに出れは、陽だまりの庭。日向ぼっこをしながら読書をしたり、陽射しのも とで朝食をとるのも楽しみであろう。


 
左:リビングに設置された薪ストーブ。今秋から薪割りが栄一さんの 仕事になりそうだ。「炎を眺めているだけで、なぜかワクワクしま す」と正子さん。階段の壁にも窓がとられていて明るい
右:ダイニングには、木のテーブ ルとイス。シンプルなデザイン の家具を厳選し、心地いい空 間をつくっている






このページの先頭へ