音響効果抜群の広々とした家






明るく静かで音響効果抜群のログハウスに100%満足

 あるメーカーに設計を依頼し、内金まで納めていた。だが岩瀬さんには、どこか納得し切れないものがあった。そんなとき、 インターネットで偶然見つけたのが八潮ログハウス。さっそく 訪ねて行き思いを伝えたところ、信頼に足る実感があった。岩瀬さんは、その場でくだんのメーカーに電話を入れてキャンセ ル。八潮での建築を決めた。
  「いままで何軒か家を建ててきたけど、やっと満足できる家が できました。いままでのはハウスですが、ここはホームって呼 べる。自慢の家です」
  岩瀬さんは、設計に関して数え切れないほどの注文を出した という。特にこだわったのは「体育館のような家」への思い。 狭い家に暮らしていた子供のころからの夢だ。
  「思い描いていたとおりの室内のイメージに仕上がりました。 初めてここで寝たとき、天井の木の節を見て子供のころを思 い出しました。昔はいやだったけど、いいものだなって思いま したよ」
  岩瀬さんは音に敏感で、特にエアコンの音が苦手。だから、冬 のために床の約90%を床暖房にした。まだ冬は経験していな いが、いまから楽しみだという。もちろん夏は、大きな窓から 入る自然の風がエアコン代わりだ。「入居してから気付いたん ですが、音響効果も抜群なんですよ。オルゴールを鳴らしてみ たら、あまりにもきれいな音が家中に響くものだから、あわて てオーディオを買いに走りました。普通の家に高価なオーディ オを置くより、ログハウスに普通のオーディオを置くほうが、ず っといい音を楽しめると思いますね」嬉しい誤算もあった。
  「年をとったら明るいほうがいいだろうと思って照明をたくさ ん設置したんですが、窓を大きくしたこともあって、夜でも十 分明るいんですよ」自宅とは車で1時間の距離。いまはここと半々で滞在しているというが、この様子だと、そ のうちここに移住してきそうな感じだ。

ダミー画像

2)ロフトから見下ろしたリビング。より広い空間にするため、当 初の設計よりログ壁を1段高くした。角ログと丸太の梁の組み合せ は八潮独特のデザイン。
3)ロフトのキャットウォーク。突き当たり中央のオルゴールを鳴 らすと、家全体が共鳴体のようになる。
4)正面右側の大きな鏡は納戸の扉。さらに向こうにも部屋がある ような錯覚に陥る。
5)ロフトから見下ろしたリビング。より広い空間にするため、当 初の設計よりログ壁を1段高くした。角ログと丸太の梁の組み合せ は八潮独特のデザイン。


 
1階の寝室。この大きな家の中で、個室 と呼べる部屋はここだけ。

7)威風堂々たる外観。角ログに丸太がアクセントになっ ている。

 
右:玄関前にも、たっぷりのス ペースを設けてある。
左:洗面所も広々。なんともぜ いたくな空間の使い方だ、 「近くに温泉があるから、実 はここの風呂はまだ一度も 使っていない。

ログハウスDATA

●延べ床面積:157  [1階112.8 /ロフト44.2
●デッキ(バルコニー含む):13.6
●主構造材の種類:ダグラスファー
●構法の種類:丸太組み構法 
●基礎の種類:ベタ基礎
●屋根材:ガルバリウム鋼板 
●外壁材:ホワイトウッド羽目板
●内壁材:ホワイトウッド羽目板 
●天井材:T&G
●床材:ナラ、カラマツ
●外壁塗装剤:シッケンズ+ガードラック
●総工費:2880万円
●工事着工年月:2005年2月
●完成年月:2005年6月
●設計企業:(有)八潮ログハウス事業部
●施工企業:(有)八潮ログハウス事業部
●建物使用目的:別荘




このページの先頭へ