贅沢な物置をセルフビルド





 みなさんに紹介したいのが、ケロログハウス。ケロログとは、シルバーパイン材で、希少価値の高いログハウス材のこと。このログ材を使ってフィンランドではサウナルームとして使われている。  
 施主の山崎さんは、以前にポスト&ビームのログハウスもセルフしたという経験の持ち主。現在はここでバードカービングの製作の作業場にしている。  
 今回は、希少価値の高い、この幻のシルバーパインを使ったケロログの物置をログハウスメーカー・イーストログさんと一緒に建てたとのこと。  
 このケロログハウス、実はイーストログハウス展示棟でもあるのだ。見学ができるので、興味のある方は、是非一度行ってみよう。
 フィンランドから送られるキット内容には、ハンドカット加上済みログ材、ケロ板材、窓・ドアのセット。 屋根組み材や、床組み材は、施主・山崎さんの好みで別調達。  
 外観のウッドテイスト溢れた丸太のモチーフは、見ていて迫力がある。屋根には、このケロログに似合うウッドシェイクを収り付けている。経年する毎に味のある色合いに変化していく。塗装なしのケロログとベストマッチのパートナー 。  
 「小さなログハウスですが、そのが存在感は大きく味わい味わい深い1棟です。 (是非一度ご見学下さい。ご希望の方は、0120-039-698へ ご連絡ください。ケロログは、希少価値により年々価値が上がっております。価格は、時価の設定になっています」 イーストさんから一言。

 



このページの先頭へ