愛着が湧く自分で建てたログハウス



自分で建てたログハウスには自然と愛着が湧いてきます
 「ログハウスは自分で関わり、造り上げていったものが形になっていくので 達成感がありますね。建てることが出来て本当に良かったです」 とおっしゃるのは千葉県の住宅地に建つログハウスオーナー、田島さん。  
 田島さんはログハウスを高価でなかなか手が出ないものだと思っていたらしい。ただ、調べてみると建て売りの住宅とそれほど価格は変わらないことがわかり、思い切ってログハウスを建てようと思ったそうだ。  
 ログハウスは住宅が立ち並ぶ場所にあり、土地の大きさには制限があった。そのため建ぺい率も容積率も最大限になるようなプランが必要だった。メーカー探しもそのことを重視した。

 「メーカーはいろいろと探しました。カタログを取り寄せたりモデルハウスを見学したりしましたね。その中でピックボックスさんには、こちらの要望通りのプランを提案してもらいました。迷わずピックボックスさんと一緒にログハウスを造っていこうと思いました」 こうして田島さんのログハウス造りはスタートした。現場には常に足を運び、家族とともに基礎の段階から全ての工程を見学していった。現場では職人たちとともにご自身も積極的にログハウス造りに携わった。

 「現場の職人さんたちの妥協のない仕事ぶりは見事でした。現場に入り職人さんにいろいろと教わりながら彼らと仲良くなれたことは良い思い出ですね。とても丁寧に仕事をしてくれていて手抜きがないのがわかりましたから、安心して暮らせます。ログハウスの魅力はやはり建てる過程に関われることですね。自分が造ったものならば多少傷がつこうが間違っていようが納得ができるじやないですか。もちろん住みご心地は最高ですよ。住んだ当初は毎日ペンションに帰ってくるような感覚になりましたね。また室内の湿度がほぼ50%でI定なんですよ。これには驚きましたね」  
 将来的には田舎にセカンドハウスのようなログハウスを建ててみたい、と 夢も広がる田島さん。充実したログハウスライフは、これからも続いていく のだろう。

左:床張り中の田島さん。作業は思った以上に苦労 したそうだ。
右:木の温もりが感じられるリビング そうだ。





このページの先頭へ