展示場でログハウスに惹かれる

ダミー画像

柔らかな木肌と木の香りに、心の底から癒される暮らし。
福岡県 村上邸

村上邸の外観。木質の壁と妻部の白壁が印象的なコントラストを生んでいる。「Dログ」を使用したことで外側は丸太のダイ ナミックな印象を与え、室内側はフラットな壁面に仕上げられているため、繊細な空間を演出することができる。同じマシンカ ット材でも、このタイプならハンドカットログの雰囲気も楽しむことが可能だ。

ダミー画像

左:ロフトのベランダの手 摺りと床面。床面は簡 単に外すことができ、定 期的に上下を返すこと で、カビや腐れを予防す る仕組み。これもまたウ ッディ工房のオリジナル で、建築のプロならでは のアイデアが、随所に 盛り込まれている。
右:玄関に取り付けてあ る照明は、イカ釣り用の 照明なのだとか。「ウッ ディ工房さんが提案して くれました。デザインが 気に入っています」と明 紀さんは大満足。

展示場で出会ったログハウスに惹かれ…

 「もともと明るい家族なのですが、ログハウスに暮らすようになって、さらに明るくなってしまいました」と満面の笑顔で話してくだ さるのは、二人の女の子のお父さんでもある村上明紀さんだ。「実は、私の父が昔からログハウスが好きで、ログハウスが載った雑誌 を買って来ては、『いいなあ』と眺めていました。そんなこともあって、ログハウスの展示場にふらりと立ち寄ってみたのです。すると オシャレなデザインのログハウスがたくさんあって、これはいいねえと思ってしまって…(笑)。それまでは『ログは別荘』というイメ ージがあって、毎日暮らす場所としてはどうなのかなと思っていました」と明紀さん。
 ログハウスに興味がわいた村上さんご夫妻は、お父様のつてで「日田郡森林組合」に立ち寄ってみることに。同組合は、「地産地消」を理念として、大分県で木の植え付けはもちろん、保育、伐採、加工などをはじめ、木材の集積と販売も行う日 本最大級の組合。その一つに、日本の気候に合った木材を使ったログハウスの普及を目的とした「ログハウジング事業部」もある。そ の日田郡森林組合の理念に共感した村上さんご夫妻は、同組合からログハウスの施工会社を紹介してもらうことに。それが、ここ村上 邸を手がけたウッディ工房との出会いだった。
  ウッディ工房の嶋崎さんは、「地産地消の大切さ」や「木の家の素晴らしさ」などを熱く語ったそうだ。

Dログで可能になった、ダイナミックさと居住性

 ログハウスを設計してもらうために、村上さんご夫妻は、新居での夢をノートに書き留めることから始めた。「間仕切りが少なくてリビングには吹き抜けがほしい、2階にドーマーのある大屋根のある家にしたい、収納はたくさんほしいなど、夫 婦で話し合いながら書き留めました。それと私が気になったのは、丸太をダイナミックに使ったログは魅力的だけれど、室内に丸太が 並ぶのは掃除が大変そうだし、家具が置きづらくなるのではということでした」そんな明紀さんの疑問に、嶋崎さんは「Dログ」を提 案。Dログは、丸太を英文字の「D」の形にカットしたログ材のこと。外観は丸太のダイナミックな印象だが、内側の壁は平面になるた め、明紀さんが危惧していたことは解決できる。またDログは集成材のため、ねじれやひび割れの心配が少ないという利点もある。
 さらに、以前はマンション暮らしで結露で悩んでいたご夫妻。嶋崎さんの提案でペアガラスと、嶋崎さんが独自に開発した吸湿・調 湿材「炭連太郎(すみれんたろう)」を採用。炭連太郎は、床下や壁、天井裏などに入れて使用する光触媒を施した炭を製品化したも ので、吸湿、調湿、防腐、防臭、防虫、化学物質分解効果などが期待できる。
 暖房には「ペレットストーブ」を採用。これは間伐材やおが屑などを機械で細かく粉砕して圧縮成型した固形燃料「ペレット」を燃や すことで、温風を部屋の隅々にまで送るストーブだ。ペレットは20キロで約800円程度。使い方にもよるが、2~3日は部屋を温める ことができる。
 着工から約4カ月、念願のログハウスが完成し、新居での暮らしが始まって約1年が経過した。奥様の玲子さんに感想をお聞きし た。「子供が走り回れるリビングって、いいですよね。義父がやって来ては、『家を交換しようよ』って言うのが、おかしくて」すると明 紀さんは、「そうそう『1カ月交代で住もうよ』とか言ってるよね(笑)。でも、その気持ちはよくわかりますよ。本当に快適ですから」と 相づちを打つ。
 特に気に入っている場所は、玲子さんはカウンターキッチンとリビング。明紀さんもリビングが気に入っているという。リビングで 走り回る二人の娘さんたちの姿を見ていると、子供たちもリビングが大好きだということが手に取るようにわかる。「裸足でいると、 とても気持ちがいいの」と長女の晴香ちゃんが、笑顔で教えてくれた。ログで暮らすようになって、リビングで語り合い、庭でバーベキューを楽しむようになったという村上さんご夫妻は、休日を利用して 床下収納づくりに取りかかりたいとか。「ログで暮らしていると、自分でも何かを作りたくなりました」

リビングルーム。右に見えるのは、おが屑などを粉砕して圧縮したペレットを燃料とした「ペレットストーブ」

 
左:キッチンからリビングを望む。掃き出し窓からは、明るい日 射しが一杯に入り込んでくる。
右:ウッディ工房が取り扱っ ているマリンランプ。エント ランスの天井部分とリビン グの壁面の2カ所に取り付 けてある

 
左:天井高約7メートルの広々としたリビングルーム。吹き抜 けの開放感が気持ちいい。
右:ロフトのオープンスペース。突き当たりには、子供 部屋が左右にある。

右:晴香ちゃんの部屋。女の子らしい雰囲気が漂う。
左:クローゼットの扉には明るい色調のヒバを使用。




このページの先頭へ