家族5人が、のびのび暮らせる家



玄関からは、間仕切りがあるので、横のシステムキッチンが見えない。ガスを使わず、オール電化に した。

 
左:長女のまどかちゃんは小学5年生。階段下のス ペースは、子供たちの隠れ家になっている。
右:長男の寛正君は小学3年生で、テレビゲー ムに夢中だ。3歳の佑真君はピストルが大 好き。やんちゃな次男坊だ。

ぬくもりのある無垢の床の上で子供たちを育てたい と思った

 3人の子供が成長するにつれ、社宅が手狭になってきた。「家族5人が、のび のび暮らせる家がほしい」と思った伊藤さんは家を建てるならログハウスを建て たいという夢を漠然と持っていた。「まだ、土地も見つけていないのに、よく家族 で、住宅展示場を見て回りました」。 伊藤さんは、「木の家に住みたい」という希望があったので、檜を使った和風住 宅も候補に上がったが、やはりログハウスの魅力に優るものはなかったという。
 
  「無垢の床を裸足で歩いたときの感触が忘れられませんでした。ぬくもりがある 、ログハウスで子供たちを育てたいと思いました」? ログハウスを建てる土地は、意外にも簡単に手に入れることができた。市原市 の広報誌に管理地を売り出す記事を見つけた伊藤さんが、申し込んだところ、 ほかに誰も入札する人がいなかった。結果、80坪を最低予定価格で落札する ことができたのだ。

  「予定よりも安く土地を手に入れることができたので、その分、ログハウスにお 金をかけることができました」。 ログハウスを建てるとき、カントリーカットか、ファインカットにするか、迷ったが、奥 様の意見を取り入れてカントリーカットに決めた。外観が丸太のぬくもりがあり、 内側がフラットなので家具を置きやすく、掃除がしやすかったからだ。 設計の段階で、標準プランにいくつか変更を加えた。1階のリビングとキッチン の位置を入れ替えた。

  「標準プランだと、西にキッチン、東にリビングなんですが、これでは玄関を上が ると正面にキッチンが飛び込んでくるので、逆にしたことで、部屋の中がすっき りしました」。リビングの上の吹き抜けをやめて床を張った。3人の子供の成長を考えると、2 階のスペースを少しでも広くしたかった。家が完成する間際になって、大きな問題が起きた。購入した市の管理地に水 道管もガス管も整備されていないことがわかったのだ。業者の見積もりは300万円。

  「100万円以内と想定していたのでがく然としました。そこで水道局に相談する と、水道の未普及地区として申請すれば、公共事業で工事をしてくれるというア ドバイスを受けました。水道工事費が70万円で済んで本当に助かりました」

  2005年3月に完成し、3人の子供たちは、家中で遊びまわっているので、部屋の あちこちに、傷やシミもできた。「半年暮らせば、あっちこっち傷がつきますが、合 板の傷と違い、無垢の木だと、それが味になります。ログの色もだんだんと濃く なってきています。ログハウスも生きていると思うんです。この家と一緒に子供 たちが成長していってほしいなと思っています」

 
左:基本プランは吹き抜けになっていた部分だが、 床を張って3人の子供たちがのびのび遊べるス ペースを設けた。
右:長男と次男の部屋。二人には広すぎるほどの スペース。将来は、仕切りをつけることも考えて いる。天井が高く、ハンモックが次男の佑真く んのお気に入りだ。


伊藤さん一家勢ぞろい。左から3歳の佑真(ゆうま)くん、奥様の幸江さん、小学3年生の寛正 (ひろまさ)くん、ご主人の正明さん、小学5年生のまどかちゃん

ダミー画像

[千葉県市原市]
伊藤さん 加工法:マシンカット 延べ床:152.0
総工費:2600万円

ログハウスDATA

■延べ床面積 152.0  1階 76.0 2階 76.0 デッキ 14.9 その他 12.0
■着工日 平成16年8月
■完成日 平成17年3月
■加工法 マシンカット
■使用ログ材 スプルースパイン材 140×184mm
■基礎 布基礎
■外部仕上 屋根材=不燃シングル/建具=木製サッシュペアガラス/塗料=木材保護塗料
■内部仕上 天井材=パイン材/床材=パイン材/内壁材=パイン材/ゼルホルムアルデヒド1回塗り
■工費 総工費=2600万円 基礎工事費=143万円 ログ材料費=1213万円 組み上げ・大工工事費=362万円 屋根・板金工事費=66万円  塗装工事費=39万円 設備費=151万円 その他=501万円
■設計・輸入・施工 (株)アールシーコア BESS事業本部

ログハウスに住むvol.8より転載



このページの先頭へ