バリ風インテリアのP&B住宅


外壁の下半分にカルチャードストーンを張った井上邸。屋根には、雪に強いといわれる石州瓦を使用。従来のポスト&ビームと比べると、シックな雰囲気が感じられる。

  
左:珪藻土の壁が際立つリビング空間。籐のソファはもちろん、丸太を簓桁風に刻んだ階段、和室の格子戸など、細部にもこだわりが感じられる。
中:2階のオープンスペースは、ミニリビングになっている。天井には、バリで使われているアランアランという植物を使用。
右:井上邸の玄関部分。

外観よりもインテリアにこだわってプランニング

 井上さんの家づくりのこだわりは、でき上がった住宅を拝見すると、細部に至るまで実に個性的だ。カルチャードストーンを張った外観のみならず、室内にも住み手のセンスがあふれている。
  「外観は、あまり複雑に考えませんでしたね。いろいろと検討はしましたが、変化を出せば出すほど屋根構造にコストがかかりますから。だったらインテリアにお金をかけようと妻と話し合ったんで す」と、建築士の井上さん。とはいえ、ポーチの小屋根はもとより、南側に位置するオープンデッキに隣接した多目的空間など、単に「四角形の家」では片付けられない躍動感にあふれている。室内に目を移せば、「こだわった」という言葉どおり、どこかオリエンタル調の雰囲気さえ漂う。「まさにそのとおりで、妻と相談してオリエンタル調、具体的にはバリをイメージしてインテリアを考えました」。だからなのだろう、据えられている家具に、チークや竹を素材にしているものが多いのは…。
  それでも、すべての家具がこの家のために新調されたわけではない。ほとんどが以前使っていたもの。それらをどのように配置し、使いこなすかを事前に想定して居住空間を考えたからこそ実現したものなのである。

南側部分。多目的空間の張り出しが建物にアクセントを加えている。

 
左:グリーンが映える多目的空間。
右:大きなダイニングテーブルはチーク製。床は竹のラミネート素材。着色された柱や梁が、室内に落ち着きを与えている。

キッチンの考え方は家族の意見を取り入れて

ダミー画像

ポスト&ビームハウスの多くは、木肌を生かした丸太を使っている。しかしここ井上邸では、丸太に着色を施している。その理由を井上さんはこう説明する。「色と素材のコントラスト。これが重要だと考えたんです。珪藻土と丸太、白い壁と茶色の柱や梁。違う色、違う素材を組み合わせることにより、それぞれが強調され、存在感を出すのです。そして、これこそが丸太組みのログハウスにはないポスト&ビームの魅力なのです」
  キッチンも実に魅力的だ。井上さんの言葉を借りれば、「機能を優先させた」スタイルになっている。「私が望んだのは、調理するスペースばかりでなく、家事室や洗濯室、勝手口が設けられたキッチンです」。そのシステムキッチンの基本形はL字形。それに調理台をプラスし、結果的にコの字に囲まれる空間となった。その調理台がカウンターも兼ねている。棚を兼ねた明かり取り窓には、植物が配してある。もちろん室内の至る所に飾られているグリーンも、井上さんが選んだもの。それらが家全体に清々しさを与えている。

どうせ造るなら、思いきり和室っぽく

ダミー画像

バリ風にこだわった井上邸だが、階段の裏に和室が設けられていた。これは井上さんの父上の強い要望から生まれたもの。いかにも「和室です」というデザインにしようと考えたのだとか。ここに使われている畳が、一風変わっている。ちょっと見ると琉球畳のように思えるが、どことなく違うような気もするし…。 「『きおり』という商品名の畳なんです。木質系の特殊繊維でできています。」と井上さん。
  正統な和室の設えではないが、潜り口風の壁面など、遊び心も感じられる。ポスト&ビームとバリ風。一見奇異に思える組み合わせも、井上さんのセンスで見事に調和させていた。

ダミー画像

[鳥取県西伯郡]
井上邸
加工法:ポスト&ビーム
延べ床:162.81  総工費:3700万円

ログハウスDATA

■延べ床面積:162.81m2 1階:91.6m2  2階:71.21m2 
デッキ(バルコニー含む):36.05m2
■主構造材の種類:ダグラスファー
■構法の種類:軸組み構法
■基礎の種類:布基礎
■外壁材:石張り、珪藻土
■屋根材:洋瓦
■天井材:珪藻土、アランアラン、板張り
■床材:1階バンブーフローリング、2階パイン
■内壁材:珪藻土、板張り
■外壁使用塗料:クライデツァイト(4回塗り)
■総工費:3700万円
■工事着工年月:2002年8月
■完成年月:2002年12月
■建物使用目的:住宅兼事務所
■設計・施工 wood labo.洛柿舎

ログハウスメーカーズ最新ガイド2003秋冬号より転載


このページの先頭へ