憧れの薪ストーブがある家


ひとり暮らしなのに「ログハウスを建てる」と両親に伝えたら驚かれました。 でも、思い込んだら止められないのが私の性格(笑) 
完成したときには、父が実家近くの山でとれたウメモドキの実をリースにして贈ってくれました。 みんなに応援してもらって完成した家です。


湘南ののどかな山に抱かれたコンパクトなログハウス

 湘南の海辺から5kmほど離れた山あいの土地。なだらかな斜面に広がる梅畑を背負って、小さな三角屋 根がたたずんでいた。聞けば、オーナーはこのログハウスにひとり暮らし。薪が積まれたウッドデッキを見て 、いったいどんなアウトドア好きの山男が暮らしているのか?と思いきや、出迎えてくれたのは、はじけんばか りの笑顔が印象的な女性看護師、井上広美さんだった。
  「ログハウスの魅力にのめり込んだのは、6年ほど前のこと。友人たちと長野県八ヶ岳にあるロッジに泊まっ たことがきっかけになりました。それまでは海好きだったんですが、急速に木に囲まれた暮らしに憧れるよう になり、ログハウスのことばかり考えるように…(笑)。インターネットなどで情報を集め始めました」
  当時、アパートに暮らしていた井上さん。しかし、ログハウスを建てたい、という情熱は日々ふくらみ、その 思いはついに現実のものとなった。
  「夢はひとりじゃ叶えられないのかな、と思ったんです。そんなことはない。そう強く信じて、資料を集めまし た。鹿児島県指宿市の実家に暮らす両親に相談したところ、もちろん驚かれました。母には、何をやってる の!?と。でも一度言い出したら、止められないのが私の性格(笑)。それを両親もちゃんとわかっているので 、けっきょくは応援してくれました」

ぽかぽかとやさしく暖めてくれる薪ストーブ

 周囲の人々の応援を受けて完成にこぎつけたのが、ビッグフットのログハウス。ワンルームの1階は、ダイ ニングと吹き抜けのリビング。そしてもうひとつのリビングとも呼べる大きなウッドデッキ。2階にはゲストル ームと寝室、そして大型クローゼットがある。ひとり暮らしにふさわしい、シンプルで開放感のある間取りだ。
  リビングには、薪ストーブを設置した。最近はインターネットで青森からリンゴの木を取り寄せ、薪として使 っている。真冬でも炎を入れれば、2階までぽかぽかと翌朝まで暖かい。しかも、リンゴの木が燃える香りは 何ともいえない芳香が漂う。
  また、室内を見渡せば球根から美しい花を咲かせているムスカリ、テーブルの上に飾られた草花など、い たるところに生命力に満ちた緑が葉や花をつけている。 「昔はお花屋さんになりたかったんです」

  植物たちを愛でながらそう語る井上さんが、とくに気に入っている場所は、リビングのソファー。寝転がっ て吹き抜けの天井を眺め、ぼんやりと過ごしたり、音楽を聴いていると心身が癒されてゆくという。緊張感 の絶えない仕事に従事している井上さんにとって、心から和める場所だ。
  もうひとつのお気に入りは、寝室。「天窓から見える星や月もきれいですが、とく に雨の音が好きなんです。天窓に雨が注ぐと、水の音が心地よく響いていろいろ なことを洗い流してくれるよう。清らかな気持ちになれるような気がします。窓から 注ぐ朝日も気持ちいいですよ」  春は庭の木々が芽吹き、手入れされた草花がいっせいに花をつける。 緑に包まれたログハウスは、さらにその魅力を強く発揮してくれるだろう。

  

 
左:ベッドルームから1階のリ ビングを見下ろす。広々と した開放的な間取りは、ワ ンルームのような感覚
右:ダイニングと一体になった吹き抜 けのリビングスペース。ダイニン グテーブルは、ログハウスと同じ 木材でビッグフットに注文したロ グファニチャー。日が暮れて暗く なると、壁にほんやりと浮かび上 がる仕組みの時計。日中、この 家には時計がない

 


ログハウスDATA

■延べ床面積 128.11
■着工日 平成13年5月 
■完成日 平成13年9月
■加工法 マシンカット 
■構法 木造丸太組構法
■仕様ログ材 ウェスタンホワイトウッド 140×184mm
■基礎 布基礎
■外部仕上 屋根材=コロニアル葺/建具=木製ドア、木製サッシュぺアガラス/塗料=木材保護塗料 2回塗り
■内部仕上 天井材=パイン/床材=パイン/内壁材=パイン/塗料=木材保護塗料 1回塗り
■工費 総工費=2003.5万円 基礎工事費=317.6万円/ログ材料費=768.9万円/組み上げ 大工工事費=300.1万円/屋根 板金工事費=70.8万円/塗装 工事費=35.2万円/設備工事費=364.6万円/その他=146.3万円
■設計・輸入・施工 株式会社アールシーコア ビッグフット事業本部




このページの先頭へ