北海道で見つけた、とびっきりのログハウス



 トムトム湖畔に面して立つ4名用コテージ「リスの森」。隣のログハウスのゲストと顔が合わないよう、前後にずらして建てられている。 12名用コテージと合わせて全29棟のコテージは、すべてフィンランドの職人が施工した。

ダミー画像

おすすめの白老・平取牛特上サーロインステーキ4200円(200g)。ステーキも目の前の炭火で、自分の好みの加減に焼き上げる。

ダミー画像

北海道はログハウスの本場のカナダやフィンランドに気候風土が 似ている。豊かな自然、のびやかな風景、そして厳しい寒気。そこは ログハウスの魅力が際立つ最高のステージ。 苫小牧では“森の宝石”と呼ばれるシルバーパインのログを訪ね、 さらに道中で出合ったすばらしいログハウスの数々。そんな北の国 で出合ったログハウスを紹介しよう。



ダミー画像

コテージのバルコニーで楽しむ朝食。森と湖を眺めながら、そして野鳥 のさえずりをBGMに。和・洋から選べる

ダミー画像

ディナーは創作フレンチ、創作和風料理、炭火焼の3つから選べる。彩り豊か な北海道ならではの食材が用意されている。


北海道の大自然を借景にした、こころ洗われるホテル

 湿原に野鳥が遊び、美しい針葉樹の森に湖が点在する勇払原野。新千歳空港から車でわずか20分、 そのいかにも北海道らしい雄大な自然の中に、ホテルニドムはある。ニドムとはアイヌ語で“豊かな森” の意。広大な敷地は実に約500万m2に及ぶ。アプローチからホテル入口まででさえ1・5kmの距離。そ の懐深い森に自然の地形をそのまま生かしたゴルフコースや、樹間、そして湖畔に建つコテージ群、威 厳をたたえた2つの教会やテニスコート、プール、レストランが点在する。コテージは4名用の「リスの森」が25棟、12名用の大きなコテージ「鷹の巣」が4棟。どれもマシンカット の端正なログハウスである。このコテージ群に使われているログ材は、フィンランドの北極圏から切り出 したポーラーパイン。このログ材は繊維が密集して年輪が密なため、弾力性と耐久性に富んでいる。コ テージが建つのは静かな湖面をたたえたトムトム湖周辺。湖には“幻の魚”イトウが放流されている。 湖畔には針葉樹にまじって、ブナやシラカバ、モミジなどの広葉樹も茂る。
  トムトム湖に清冽な水を注ぐ渓流が瀬音を響かせ、樹間に野鳥の声が響き渡る。心休まる自然の風景 を前にしたコテージライフが、ニドムが誇る最高のもてなしなのだ。食事はルームサービスの利用が粋だ。このコテージには隠れ家的な趣もある。

ダミー画像

フィンランドからシベリア鉄道に揺られてやってきた、半ば化石化して銀色になったシルバーパイン。北欧で今も生産されるレッ ドウッドをシルバーパインと呼ぶこともあるが、この化石化したシルバーパインは簡単に入手できない。節を落とさず、口径の 異なるログを積み上げる技術には目を見張る。樹齢数百年、さらに氷付けにされて数百年。その悠久の時間の重みが、ログか ら醸し出されている。







このページの先頭へ