ドアのトラブル解決


 毎日開け閉めを繰り返すドアには、少しずつ負担が蓄積されています。日頃から蝶番に油を差したり、あまリカをかけずにドアの開け閉めを心がけていても、どうしても劣化は避けられません。
 そんなときこそ、自分の手での補修工事を行いましょう。
 ドア自体を取り替えるのではなく、簡単なDIY作業をすることで、今あるドアの寿命が延び、事そのものへの愛着も増してきます。

タイルと目地をきれいにする


 水回りに多く使われるタイルは、欠けた部分から水が侵入すると、その裏側の構造材に悪影響を与えます。小さな傷や欠けたタイルを見つけたら、なるべく早く補修工事をするのが最適です。
 また、タイルの周囲にある目地ももわせて修繕すれぱ、再び水に強い壁になります。目地を埋める充てん剤には、成分によってさまざまな種類があります。屋内、屋外など使用場所によっても違いがあるので、上手に使い分けましょう。

雨樋のトラブル解決


 家周りの掃除や修復で忘れがちなのが雨樋。特に樋や集水樋は屋根とほぼ同じ高さにあるので、いちいちハシゴをかけて上る必要があり、少々面倒に思われてしまうところ。
 かといって放っておくと、どこも修復が手遅れになる可能性があります。できるかぎり定期的な点検を心がけておきましょう。ただし、高所での作業になりますので、安全には十分に注意しましょう。

家具の転倒を防止する


 災害は突然やって来ます。いざというときの備えとして、家具の転倒防止金具は必ず付けておきたいものです。
 ほとんどの金具は、ドライバー一本で簡単に取り付けられるものばかりです。すべての家具に取り付けておけば安心この上なし。
 最近ではジェルの粘着力によって家具のずれ動きを防ぐタイプのものももりますが粘着力は数年で徐々に低下していくので。住宅としっかり結合させる金具と併用するのが理想的です。



このページの先頭へ