ログハウスファンが通う人気のカフェ

ダミー画像

北米産のダグラスファーを使ったログハウス・カフェ「おじいさんの古時計」。 どこからともなくログファンはもちろん、カントリーファンも集まってくる。

扉を開けると、優しい木の香りが迎えてくれる。BGMはカントリー。

カントリーを聞きながら、 ゆるやかな時の流れを楽しむ

 京阪電車・私市駅から車で約十分。緑深い金剛生駒国定公園を走る国道沿いに、 堂々としたログハウスが見えたら、それは知る人ぞ知る「おじいさんの古時計」だ。 「この店がオープンしたのは十七年前のことです。ずっと昔から、ログハウスを建てる のが夢だったんですよ。それが、『おじいさんの古時計』ができるきっかけです」と、 問わず語りに話してくれるのはオーナーの山本義彦さん。  
  もともとサラリーマンであった山本さんには「ログハウスを建てる」ということと 「いつかは脱サラしたい」という二つの夢があった。その夢が、実現に向かって動き 始めたのは二十年前のこと。 「夢を実現…というと格好いいけれど、要は会社が倒産したんです。再就職の話もあ ったのですが、ここで踏ん切るしかないと、決心したんです」と山本さん。
  人は、夢 を夢として見ている間は心地よい。夢が実現へ向けて走り出したときに、ぶつかるの は「現実」という厳しい壁だ。山本さんも例にもれず、トラックの運転手をしながら 資金調達や土地探し、調理師免許の取得などに奔走したという。そんな中でたくさん の人に出会い、ログハウス建設に力と知恵を貸してくれる人との出会いもあった。 「山梨県の清里でログハウスのペンションをしていた方が、『ログを建てるなら、一 緒にやろうよ』と言ってくれて。5人のビルダーに混じって、皮むきもチェーンソー ワークも一緒にやりました」

  
「このテーブルセットは、ログハウスを建てたときの残り材を使ってビルダーが 作ってくれました。17年たってもびくともしませんよ」と山本さん。
右上が、正真正銘の「おじいさんの古時計」。ほかは、山本さんの手づくりの時計。

  
左:店内にはたくさんの時計が置いてある。この鳩時計もその一つ。同店をかたどって いて、時を知らせるたびに鳩が飛び出し、明かりが灯る。山本さんのお気に入りでもある。
中:同店のエントランスにあるブランコ。古い時計が時を刻むように、ブランコの動き も実にノンビリしている。
右:こちらは、山本さんが自ら作ったテーブルセット。

ダミー画像

かくして念願のログハウスが完成したのは、人生最大の決心から3年後のこと。 以来「おじいさんの古時計」は、カントリーが流れる居心地のよいログハウス・カフェ として愛されてきた。 「大好きなログハウスでのんびり仕事するというイメージだったのですが、料理して、 走り回って、片付けてと、やっぱり現実はキビシイ(笑)。おまけに迷い犬を引き取 って世話もしているので、休みの日も出て来て散歩させないといけないし。話が違う と思うことも多いです(笑)」  毎日多忙な山本さんを尻目に、店の敷地内に繋がれた犬たちは、のんびり昼寝をき めこんでいる。 「この店にはね、おじいさんの古時計が本当にあるんです」と、山本さんが指差すほ うを見ると、そこには振り子時計が。 「私の祖母が十七歳でお嫁に来たとき、すでに家にあったそうです。どうです、アジが あっていいでしょう?」  古い時計が時を知らせてくれるログハウス・カフェ。BGMは軽快なブルーグラス から、ドック・ワトソンが唄う「Grand father's clock」に変わっていた。

木の家VOL.8より転載

このページの先頭へ