信州の自然に暮らすログライフ


 長野県下伊那郡高森町の市街地を離れて少し車を走らせると、緑の木々に囲まれたログハウスが現れた。門をくぐると左手に大きな池。その向こうには、家の前の道路脇から続く清らかな小川、心地よい音を立てながら流れている。 「敷地内に川が流れているから、この地に決めたんですよ」と竹原さん。

 
写真右:家族でくつろげる20.8畳の広いリビングダイニング。
写真左:アプローチはJRが払い下げした枕木で。栗の木で固い。

  
写真左:裏に大きなイノシシが出たんですよ。仕留めてもらったんですけど、びっくりしたな。柿の木には熟柿目当てに猿が来るし、テンも来た、とご主人。
写真中:寝る前に一本薪をいれれば十分暖かい。
写真右:玄関の上は吹き抜けになっていて開放的だ。 

気軽に集まって 家族で自然 、パーティーを満喫

家族で集まる機会が増えたウッドデッキパーティー
囲炉裏やテーブルが置いてある広々としたウッドデッキは、川のそばまで増設してもらった。 家族団らんに欠かせないデッキの囲炉裏。炭火でじっくり焼くのでおいしい。七輪でよく焼肉もする。近所に住む身内はみなよくここに集まる。

ログハウスに住むVol.2より転載



このページの先頭へ