農とログのある休日


ダミー画像

クラインガルテンでの料理は、自炊が基本だ。若い頃に調理師免許を取っている黒澤さんにとって、料理はお手の物。この日は採れたてのトマトでピ ューレを作っていた。その隣の写真は、手作りしたコンポスト。生ごみをここに捨て、堆肥を作る。

ダミー画像

庭に野鳥を呼ぶために作った鳥寄せ。作ったものの、鳥がなかなか来てくれないので模型の鳥を中に入れている。


昼からは自分の時間、流行の言葉でいうとロハスの生活。

 サービス関連の仕事に従事し、57歳で退職した黒澤さんは、会社の旧四賀村出身者を通してこの場所を知った。田舎暮らしに興味 を持っていた黒澤さんと奥様は、さっそくインターネットで情報を収集し、個人説明会に参加。「滞在できるクラインガルテンって意 外に少ないんですよ。その点、ここは設備もきちんと整っているから、抽選に当たって本当に感謝してるんです。何より、信州は雰囲 気もいいし、珍しい花も多いしね」。
  押し花作家として活躍している奥様にとって、山野草が身近に咲いている四賀は理想的な環境らしい。休憩小屋として使われるログでの生活も快適だ。1階には1間とキッチン、バス、トイレが付き、2階にはロフトが備わる。こぢんまりと した作りだが、不自由を感じることはない。夏には窓を開け放して涼をとり、冬はストーブ1台で暖をとる。黒澤さんはここで朝5時には起きて、庭の作業に取りかかる。
  昼前には作業を終えて部屋に戻り、本を読んだり、料理をしたり、モノを作ったりする。農作業の合間には、奥様と一緒に近くの山を巡 り、花の採集も行う。春には山菜、秋にはキノコが採れる裏山もお気に入りの場所だ。
  1年間かけて菜園の土ならしに時間を費やした、今年は花や作物の実りが多い。今は農作業をするのが楽しくて仕方ないという。 「最初、朝8時ぐらいに作業を始めたんだけど、そうするとピークが真昼になっちゃうの。早朝から作業を始めて、一番暑い時間帯を 避けるというのは、ここの地元の人から学んだんです。すごく合理的だなと思いましたね」。 
  黒澤さんをはじめ、クラインガルテン利用者と地元の人たちとの交流は活発だ。農作業では地元民から指導を仰ぎ、季節の行事やお 祭りといった地元のイベントにも積極的に参加する。
  菜園だけでは物足りなくなった黒澤さんは、現在、地元の人を手伝って、クラインガルテンの仲間とともに、田んぼと蕎麦畑を使った 無農薬農法による米と蕎麦作りに挑戦している。水の管理から刈り入れまで初めての経験ばかりだが、何もかもが新鮮で面白いとい う。「こういうところで生活していると、何かしら作りたくなっちゃう。自然の中にある材料を使って自分でモノ作りすること。それがこ こでの暮らしを楽しむコツかな」。四賀と横須賀で月の半分を交互に暮らす生活だが、近頃では、奥様が信州への移住を真剣に考え始めているという。クラインガルテ ンをきっかけに、田舎への永住を決意する人も少なくない。
  庭での農作業を終えたあとは、目の前に広がる山々を眺めながら一服するのが一番の楽しみだ。信州の青く高い空の下、黒澤さんの 悠々自適な日々はまだまだ続く。



緑ケ丘のほか、坊主山クラインガルテンもある四賀地区。いずれも毎年1月 に募集区画が確定され、応募締切前には個人説明会が開催される。利用を考 えている人は、一度見学に訪れてみよう。

ダミー画像

1階の居間。吹き抜けとなった開放的な空間が広がっている。1階 には暖炉を置くスペースも用意されている。

ダミー画像

緑ケ丘クラインガルテン内部の間取り。ロフトになっ た2階は、寝室として利用されることが多い。

緑ケ丘クラインガルテンDATA
所在地/長野県松本市中川1747
問合せ先/0263-64-3111(松本市役四賀支所 経済課)
http://www.city.matsumoto.nagano.jp
区画数/78区画 (1区画270~300m2、休憩施設面積 30m2、畑面積約100m2)
利用期間/1年間(5年間更新可)
年間利用料金/101~327号(52区画)36万円、328~360号(26区画)39万円
※すべて初年度のみプラス10万円
アクセス/東京方面、大阪方面、名古屋方面とも中央自動車道岡谷JCTより長野自動 車道で豊科I.C.下車。田沢、大口沢、R143を経由で約19km、25分。



このページの先頭へ